【スイートアワー1R】志真と要のその後と感想ネタバレあり

BL

付き合って2年、同棲して1年。

順調と思えたカップルのすれ違いを描いたスイートアワー1Rについて、

  • スイートアワー1Rは何巻まで?
  • 1巻ネタバレ
  • キャラクターのプロフィール
  • 作品の魅力

カモバーガー先生の初コミックスについて、詳しく紹介していきます。

スイートアワー1Rは何巻まである?

スイートアワー1Rの1巻表紙

引用元:スイートアワー1R

スイートアワー1Rは2020年にリブレ出版から発売された、北海道を舞台にとあるカップルの日常を描いたカモバーガー先生のBL漫画で、次に来るBLのトップテンにランクインし、表紙買いしたいBLとしても話題になった純愛ストーリーです。

単行本は1巻完結になり、全5話でストーリーは進んで行き、24歳になったその後の二人もたっぷり楽しめる作品になっています。

スイートアワー1Rのあらすじ

順調な同棲生活を送る志真と要

引用元:スイートアワー1R

高校時代から付き合い始め、大学進学と共に同棲をスタートした志真と要は、共に暮らし始めてもうすぐ一年が経ち順調な日々を送っていました。

しかし、要のとんだ勘違いにより二人の間に小さな亀裂が入っていきます。

スイートアワー1Rの登場人物のプロフィールと属性

それではメインとなる2人のプロフィールと属性について紹介していきます。

笠森要のプロフィール

志真を見つける要

引用元:スイートアワー1R

  • 名前:笠森要(かさもり かなめ)
  • ポジション:受け
  • 性格:天然、一途、意地っ張り
  • 属性:同級生、ツンデレ受け

要は志真のことが大好きな文学部に通う大学生です。

要は志真の日常的な仕草からセックスを連想したり、志真から誘われると断れないことから自分はセックス中毒なのかもしれない!と思い立ちしばらくの禁欲生活を始めます。

男らしい性格ですが、骨格が華奢でギャップのある受けです。

瀬戸志真のプロフィール

要を見つめる志真

引用元:スイートアワー1R

  • 名前:瀬戸志真(せと しま)
  • ポジション:攻め
  • 性格:優しい、一途、男前
  • 属性:同級生、ワンコ攻め

志真は女子からの人気もあるイケメンで、要と同じ大学の法学部に通っています。

要の勘違いからセックスレスになってしまい、自分への気持ちが冷めてしまったのだと心の距離を感じるようになる志真。

これまでの恋人とは長く付き合いづけることがなかった志真ですが、要には執着を見せる溺愛ぶりを発揮しています。

スイートアワー1Rの1巻の感想とネタバレ

日常を振り返りショックを受ける要

引用元:スイートアワー1R

スイートアワー1Rは、付き合って2年、同棲し始めて1年のカップルのすれ違いを描いたラブストーリーです。

それでは実際に読んだ感想を踏まえ、気になる詳しい内容を紹介していきます。

志真と要の日常

高校卒業後、同棲を始めた志真と要は付き合って2年、同棲を始めて1年が経とうとしていました。

二人の関係は至って順調で、授業の課題に追われながらも充実した日々を送っています。

要は大学内で女子に志真を紹介してほしいと言われ、少しもやっと気持ちを感じながらも、自分と付き合っている志真に優越感を感じていました。

付き合って2年経ってもお互いの笑顔にときめいたり、ちょっとした独占欲を互いに見せる要と志真でしたが、ある日、要は毎日のように志真とセックスしていることにふと気がつきます。

意識すればするほど、悶々とした気持ちは高まっていき、日常生活の志真の仕草さを見て行為を連想するようになっていきました。

そこで、このままではセックス中毒になると危惧した要は密かにセックス禁止を掲げるのでした。

志真と要のそれぞれの思い

セックス禁止を掲げた当初は、流れに逆えずなかなか断れない要でしたが、次第に志真の誘いを断り始めるようになります。

そして、志真との時間を避けて飲み会に行くことにする要はその連絡を受けて、志真はまたか、と少し不安に思い始めました。

一方、要はこの禁欲生活に根を上げそうになってて、飲みの場で、友人たちにセックス禁止をしていることを話すと、友人たちは口を揃えて「それって倦怠期じゃない?」と要に告げるのです。

セックスをしないだけで倦怠期と思われるとは、予想していなかった要は志真もそう思うのだろうかと不安がよぎり、その不安を消し去るように、お酒を体に入れる要、いつもよりも酔ってしまった要は、友人に支えられながらお店を出ると志真が雪の降る寒空の下で要を待っていました。

志真を認識したものの足取りのおぼつかない要、そんな要の体を支えようと友人は抱き寄せますが、志真はそれを不満げに見つめます。

志真はそんな要の腕を強く引いて、友人と引き剥がし、二人は帰路につきました。

帰りながら、志真が迎えにきてくれたことが嬉しいと伝える要に少しずつ志真の表情がほころんでいきます。

帰宅後、志真の気も知らず眠りこける要。

寝言で志真の名前を呟き、幸せそうに眠る要を見て志真は愛おしそうに見つめ、キスをして共に眠りについたのでした。

すれ違う二人の思い

飲み会帰りに目を覚ますと、志真が隣で眠っていることに驚く要は久々に近くで見る志真に悶々とし始め、眠っている志真を見つめながら自慰をしてしまいます。

翌日、予定していた東京旅行の日がやってきたものの、志真を見て自慰をしてしまった罪悪感から目を合わせられない要のぎこちなさに志真はますます不安になっていき、それでも、日々の不安がなくなるような楽しい時間を旅行先の東京で過ごす二人でしたが、いざ宿泊先のホテルに着くと避けてきたセックスが脳裏に浮かび徐々にぎこちなくなっていきました。

そんな要を目にし、数日前に会った姉に「それって飽きられたんじゃないの?」と言われたことがフラッシュバックする志真。

そんなはずはないと不安を振り切り、志真は納得のいく理由を言わない限り、今夜は絶対に抱くと心に決めます。

一方で、要は今日くらいは解禁しようと久々の行為に胸が高まり始めてたものの、久々の行為なのに切羽詰まった志真の様子に恐怖を感じ始め、乱暴な行為に涙を零した要を見て、我に帰った志真はそこで行為を中断したのでした。

重たい空気のまま、二日目の旅行を迎える二人。

そんな中、志真の中学時代の友人たちに遭遇し、級友から昔話をされ、飽きたからという理由で別れを告げられたことを思い出す志真の疑問は確信に変わり、要にごめんと告げ、一人で街へと足を運び、二人は離れ離れになってしまいます。

ちょっとしたすれ違いから、大きな心の距離ができてしまった要と志真、二人は元の関係を取り戻せるのでしょうか?そんな二人に注目です。

スイートアワー1Rの感想とオススメポイント

今作で注目して欲しいのは、リアルなカップルの日常です。

大学の課題に追われながらもラブラブな日々を過ごす二人が些細なことですれ違ってしまうのは、どこにでもあるカップルの日常であることを感じさせてくれます。

作中では喧嘩をする描写がほぼありませんが、言葉を交わさないからこそ大きくすれ違ってしまう二人がリアルなカップル像を表現し、その心情が繊細に描かれた素敵な作品でした。

さらに、スイートアワー1Rには二人のその後を描いた「志真と要 24歳」と「志真と要 2LDK」が収録されているので、高校時代の制服を掘り起こした志真が要にきて欲しいと懇願したり、2LDKの物件を探す志真と要を見ることができます。

数年経ってもラブラブな二人をぜひ、見届けてください。

カモバーガー作品の魅力

旅行先の東京で志真を探す要

本作が初のコミックスになる、カモバーガー先生。

初コミックスとは思えないほどの、圧倒的な作画力に驚きました。

特に、スイートアワー1Rは北海道を舞台にし、二人が東京に旅行へいく様子が描かれていて、雪の降る大学構内や、要を雪の中待っている志真の様子などたくさんの綺麗な描写が印象的でした。

二人が感じる気温や観光名所を忠実に表現しているシーンにも、注目して欲しいです。

スイートアワー1Rの感想とネタバレのまとめ

スイートアワー1Rは1巻完結の同棲するラブラブな二人を描いた作品です。

相手を大事に思うあまり、口数が減っていきすれ違ってしまう志真と要。

そんな二人が選んだ結末とは?

  • 同性カップルのリアルな雰囲気
  • 繊細な心情描写
  • 忠実に再現された背景

読み終わった後も、二人の幸せな空気に包まれるような素敵な作品でした。

些細なことからすれ違う二人が、相手に伝えたいこととは?志真と要が選んだ結末をぜひ見届けてください。