【狂い鳴くのは僕の番:Re】最新話までのネタバレで注目ポイントは?

狂い鳴くのは僕の番:Reは、大ヒットした狂い鳴くのは僕の番の第3シリーズとして、2021年3月より連載が開始されました

待望の続編狂い鳴くのは僕の番:Reについて

  • 連載開始から5周年
  • 最新話までのネタバレ
  • 注目ポイント

番となり幸せを掴んだ二人の新たな物語を詳しく紹介していきます。

【狂い鳴くのは僕の番:Re】は連載開始から5年目に突入

狂い鳴くのは僕の番:Re1話表紙

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

狂い鳴くのは僕の番が連載が開始され、今年で5周年を迎えます。

これまでも、さまざまなイベントやグッズ販売などされてきました。

今年もまた5周年ということでマンガ展が東京と大阪で開催されています。

狂い鳴くのは僕の番:Reのあらすじ

狂い鳴くのは僕の番:Re 高羽が迎えに来た場面

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

2017年に高羽×烏丸の物語を皮切りに、2018年にβ編として新たに連載が開始されました。

2020年にβ編も完結し、高羽×烏丸の続編であるReの開始が発表されたのです。

そんなReは、番となり幸せに暮らしていた高羽と烏丸に新たな試練が訪れることになります。

番だからこそ感じる不安やすれ違いが、ふたりの絆を壊そうとしていました。

現在何話まで配信されているの?

観覧車内での高羽と烏丸

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

現在Reは2話まで配信されています。

1話は3月、2話は7月と約3~4か月に1話の頻度での更新中です。

【狂い鳴くのは僕の番:Re】最新話までのネタバレ

現在配信中のReの最新話までのネタバレを詳しく見ていきましょう。

クリスマスイブの日に

観覧車デートに誘うシーン

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

クリスマスイブは毎年広告業界にとっては勝負時で、烏丸も取引先のイベントに立ち会うのが当たり前だと思っていましたが今年のイブは少し違っていて、仕事の帰り道今日くらいは高羽と共にすごそうと考えていたのです。

そんな矢先、烏丸の名を呼ぶ高羽が少し先に立って手を振っていました。

どうしているのか尋ねると、仕事が終わって暇だったからと烏丸をデートへ誘います

烏丸は高羽に素直に来てくれて嬉しかったと伝えると、高羽は観覧車に乗ろうと提案するのです。

ふたりきりの空間で、甘い一時を過ごすことになりました。

猫の存在

子猫との邂逅シーン

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

高羽は、起床し冷蔵庫を開けると料理にラップが掛けられおいてあり、それを見て、料理が作れるようになったのかと嬉しそうに笑いました。

まだ眠っている烏丸を残し、高羽はジョギングをしに行き、走っている最中、ゴミ捨て場に差し掛かりなにかを見つけるのです。

家では烏丸は起きていて、高羽が帰ってくると玄関に行き出迎え、玄関に立っている高羽は、不自然にお腹部分の服が膨れ、どうしたと聞いてもはぐらかす為なにか隠しているだろうと、にやりと笑うとふくれた服の中から猫が顔を出しました

子供が苦手と言っていた烏丸が、動物を好きかわからないと不安でいた高羽でしたが、烏丸は猫を抱き上げ可愛がっていたのです。

可愛そうで連れてきてしまったことを話すと、烏丸は猫を飼うことに同意しました。

勝手に嫌いだと思っていた高羽は驚き、伝えると烏丸は昔外に出してもらえなかった時期があり、たまに勝手に入ってきていた猫だけだ話し相手で救われたと語ったのです。

烏丸の元に、ずっとサンタがくることはなかったけれど、犬のような高羽が猫を連れてきたと思っていました。

Ωがほしいもの

雀部と烏丸の屋上で話している場面

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

会社の食堂で、鵜籐に猫の名前は何がいいかと会話をしている中で、たまたま鵜籐と雀部が同棲をしているということを知る事になります。

すっきりしたような表情で鵜籐と会話をしている雀部に烏丸は「楽しい?」と尋ねると雀部は満面の笑みでとてもと答え、以前の彼とは違い幸せそうにしている雀部を見て安心したように笑います。

食堂から出ると雀部から呼び止められ、今まで烏丸のことを何も知らずに暴言を吐いていたことを改めて謝罪されたのです。

烏丸は、今までの自分の常識を壊す存在が現れたことによって毎日が楽しみに思えるといった後、雀部にお前は変わったと微笑みました。

烏丸の過去

烏丸の過去を思い出すシーン

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

烏丸と雀部は、お互いの恋人のどこが好きかを話しながら、烏丸たちの家でご飯をという話になり、4人が夕飯の準備をしていると、ついていたテレビに雀部が反応しました。

テレビに映し出されていたのは、10年前大人気だったユニットが再び復活すると言う内容です。

雀部が以前好きだったと話す傍らで、烏丸はじっとそこに映っている人物を見ていました。

番組視聴者へ頑張りまーすと言っている男、空賀閑はどことなく烏丸の姿に似ていて、烏丸は、自分とそして自分とそっくりな容姿の子供と映っている数枚の写真を思い浮かべています。

そんなことは知らない高羽は、仕事面で烏丸の支えになりたいと思っていると、部長から呼び出され、言われたのは制作部が、高羽を指名しているという衝撃的な言葉でした。

【狂い鳴くのは僕の番:Re】の注目ポイント

烏丸の過去が断片的にわかる場面

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

Reで注目してほしいのは、烏丸の過去についてです。

1話から2話にかけて、直接的な描写こそありませんでしたが、断片的に烏丸の過去やそれに関係している人物の姿が映し出されています。

あまり外に出してもらえなかったという発言や、親族らしき烏丸とよく似た芸能人などこれからどういう風に展開していくのでしょうか?

狂い鳴くのは僕の番:Reの最新話ネタバレまとめ

猫と戯れるふたり

引用元:狂い鳴くのは僕の番:Re

狂い鳴くのは僕の番:Reは、苦難を乗り越えて番になった高羽と烏丸の物語です。

ようやく幸せを掴んだふたりに、どんな試練が待っているのでしょうか

  • 連載5周年で待望の続編
  • 変わらずラブラブな関係
  • 烏丸の過去が明らかに?!

2話の時点で既に続きが気になる展開です。

今後明かされていく烏丸の過去とは?是非あなたの目で確かめてください。

関連記事

狂い鳴くのは僕の番は楔ケリ先生による、Ωが嫌いなαと、αを使ってのし上がったΩの恋を描いたオメガバース作品です。 本編で互いの傷を受け止め、番となったふたりについて、 本編あらすじ 高羽と烏丸のその後 烏丸の妊娠[…]

狂い鳴くのは僕の番表紙