【狂い鳴くのは僕の番;β】ドラマCDβ1の内容や声優等詳しく解説

狂い鳴くのは僕の番;βは、狂い鳴くのは僕の番の第2シリーズとして連載されました。

前作では高羽×烏丸の物語でしたが、今作では烏丸の同僚鵜籐を中心にした物語になっています。

鵜籐の新たな物語について、

  • 狂い鳴くのは僕の番;βあらすじ
  • ドラマCDでの声優の紹介
  • CDは何巻まで?

大ヒットシリーズの新たな物語を詳しく紹介します。

狂い鳴くのは僕の番;βとは

寄り添いながらもまだ距離がある雀部と鵜藤

提供元:狂い鳴くのは僕の番;β

前作はΩである烏丸が、αの高羽と出会い番になるまでが描かれていましたが、今作は題名の通りβの鵜籐と新入社員のΩの雀部が主軸となります。

狂い鳴くのは僕の番;βのあらすじ

会社で再会する雀部と鵜籐

引用元:狂い鳴くのは僕の番;β

広告代理店に勤める鵜籐慎吾は、面倒見がよく部下からも慕われていました。

そんな鵜籐が課長を務める部署に、新入社員の雀部澄斗が配属されますが、入社早々生意気で出世欲が強い雀部に手を焼くことになります。

口は悪いけれどΩであることを隠し、人一倍努力をして上に行こうとする雀部の姿に鵜籐も一目置いていました。

そんな中、鵜籐は雀部のある特殊な体質を知り、発情による副作用を和らげる為に手を貸すことになっていきますが、かつて烏丸を守ってあげることができなかった後悔が、雀部と向き合うことを躊躇します。

また雀部は、親友からの裏切りという過去のせいでβに嫌悪感を感じつつも、自分を慰め、対等に接してくれる鵜籐に惹かれつつありました。

けれど、ふたりの知らぬところで上層部が烏丸の身代わりをと雀部に目をつけていたのです。

β編での登場人物の誕生日や身長などを紹介

β編で新たに登場するキャラクターの詳しいプロフィールを紹介していきます。

雀部のプロフィール

ひょこっと笑顔でおにーさんと声をかける雀部

引用元:狂い鳴くのは僕の番;β

  • 名前:雀部澄斗(ささべすみと)
  • ポジション:受け
  • 誕生日:3月3日
  • 性格:口が悪い・生意気
  • 属性:年下・部下・ツンデレ受け

過去の出来事からβの事を嫌っているΩの少年です。

βである鵜籐を最初は見下していましたが、徐々に惹かれ始めます。

しかし、雀部のΩ性と成果を上げたいという向上心を上層部に利用されることとなるのです。

鵜籐のプロフィール

雀部の言葉に対して怒る鵜藤

引用元:狂い鳴くのは僕の番;β

  • 名前:鵜籐慎吾(うとうしんご)
  • ポジション:攻め
  • 誕生日:8月19日
  • 性格:明るい・面倒見がいい
  • 属性:年上・上司・男前攻め

烏丸の件で、トラウマを持っているβです。

生意気な態度の澄斗の努力家な一面を知り目をかけます。

しかしある日、澄斗の特異な体質を知ってしまうことになるのです。

狂い鳴くのは僕の番;βのドラマCDは全何巻?

2018年にフィフスアベニューからドラマCDが発売されました。

前作狂い鳴くのは僕の番もドラマCD化されているのですが、今まで全何巻発売されているのでしょうか?

狂い鳴くのは僕の番;βのドラマCDでの登場人物の声優

相合傘をしながら雀部の口から飴を取ろうとする鵜藤

引用元:狂い鳴くのは僕の番;β

待望のドラマCD化に伴って、登場人物たちに命を吹き込む声優の紹介です。

■鵜藤慎吾役

  • 新垣樽助(しんがき たるすけ)
  • 代表作:刀剣乱舞(へし切長谷部)僕のヒーローアカデミア(通形ミリオ)

BL作品にも数多く出演していて、幅広い役柄を演じています。

■雀部澄斗役

  • 小林裕介(こばやし ゆうすけ)
  • 代表作:アルスラーン戦記(アルスラーン)、Re:ゼロから始める異世界生活(ナツキスバル)

思春期の少年や、大人な優しい青年を主に演じ、BL作品で受けを演じることが多いです。

鵜藤×雀部に深くかかわってくる白取優役には中島ヨシキさん。

前作の高羽と烏丸の声優は引き続き、古川慎さんと白井悠介さんが演じます。

ドラマCDの内容は?

帰ろうとする鵜藤を引き止める雀部

引用元:狂い鳴くのは僕の番;β

狂い鳴くのは僕の番β1のドラマCDでの内容は、単行本1巻の話がまるまるボイスドラマ化していて、鵜籐と雀部が出逢い、Ωだということを上層部から利用され烏丸の身代わりに雀部がされていくまでの内容が収録されています。

またβ編ですが、物語の途中に高羽と烏丸の話も含まれており、番外編それでもそばにも収録されているので、このドラマCDで2組のカップリングが聴けるのです。

ドラマCDは全3巻発売され、1巻には特典でキャストトークのCDがついてきます。

注目ポイント

鵜藤を好きだと自覚しつつもひどい言葉を言ってしまう雀部

引用元:狂い鳴くのは僕の番;β

狂い鳴くのは僕の番;βで注目するべき点はβとΩの恋愛です。

β編と前作の違いは、番と言うシステムで結ばれるα×Ωと違って、番うことができないという点

鵜籐がどれだけΩ性の人を好きになっても、番には勝てません。

βとΩが結ばれても、発情期や、それを抑えるための薬の副作用がなくなるわけではないのです。

そういったことの障害が、ふたりの前に立ちはだかることになります。

鵜籐の性に対する葛藤や苦悩、雀部の自分に対する劣等感に悩んだ末にたどり着く結末は?見どころです。

狂い鳴くのは僕の番;βドラマCDのまとめ

なにかあったかと心配されるも鵜藤に嘘をつく雀部

引用元:狂い鳴くのは僕の番;β

狂い鳴くのは僕の番;βは、鵜籐と雀部が性という壁をふたりで乗り越えていく話になります。

前作とはまた違った新たな物語はどんな展開を迎えることになるのでしょう。

  • β×Ωの切ない恋物語
  • 超豪華声優が鵜籐たちの声を担当
  • 全3巻CDは感動間違いなし!

βである鵜籐はΩである雀部と幸せになれるのか?是非この先の展開を見届けてください。

関連記事

狂い鳴くのは僕の番は楔ケリ先生による、Ωが嫌いなαと、αを使ってのし上がったΩの恋を描いたオメガバース作品です。 本編で互いの傷を受け止め、番となったふたりについて、 本編あらすじ 高羽と烏丸のその後 烏丸の妊娠[…]

狂い鳴くのは僕の番表紙